エレキギターといったら、アンプへの接続が真っ先にイメージされるだろう。

ギターからアンプ、或いはギターからエフェクター類を経由してアンプ接続する。何方にせよ、シールドが必須となる。

今や無線もあり、それも一理あるがオラは昔ながらのシールド派である。

しかもビギナーのクセに自作だ。

オヤジ的に言うならば、昔、ファミコンやその他のゲーム機の取り付けにあたり、同軸ケーブルをTVにネジ込み、自分で試行錯誤した経験がある者ならば、全くの余裕だ。

興味があるなら躊躇なくトライしてもらいたい。

勿論、シールド自作にはハンダ付け作業も工程として出てくる。
その際は若干センスがいるのは確かだ。

ただ、それも数本作って試してみればわかってくる。

まず、こういった経験が大事なんだ。

オラは数あるシールド候補から、BELDENをチョイス。

理由は名前が何となくイカしてるからだ。

その中でも代表的な#9395、#8412を5本ずつ作成した。
同じ型番でもシールドの長さや諸条件で音が変わるため、音色が好みなものを利用している。


コネクター部分はSWITCHCRAFT社製

~シールド自作に必要なもの~

・ハンダゴテ
・こて台
・ハンダ(KESTER44とか)
・吸取り線
・小型万力
・カッター
・電工ペンチorニッパー
・シールド(メータ売り)
・コネクター( SWITCHCRAFTとか)
・1時間くらいの暇な時間

※ハンダゴテや、それに熱されたモノは激熱で、当然触れば火傷するので作業は十分注意し、室内も換気しながら行うこと。