楽器はやっぱり値段で決まるのか。

そんな議論に常に巻き込まれているのがコイツだ。

松・竹・梅?

甲・乙?


こうも毎回比較されると正直飽きるのでは?


それとも、並み居る強豪との対決に、こなれた感じにほくそ笑むというのか。

外野が色眼鏡でいくら凝視しても、 コイツ自身はどこ吹く風とマイペースである。


言っておくが、迷いなく即刻買えるギターとしてコイツは無敵である。


それでいてコイツは紛れもなく一本のギターであり、それ以上でも以下でもない。

The Guitarなんだ。

コイツはきっと、ナンバーワンになるよりオンリーワンを目指した。

でも、オラはそれこそがコイツの存在価値だと思ってる。

そのスタンスに一片の曇りもなく、清々しく、だからこそコンセプトに賛同した者達が静かにポチる。



ギタリストは果てしなく広がる音楽空間の旅人である。

結論からいうならば、その旅路でギターが一本で納まることはない。

シーンにあったオンリーワンを都度選択し、音楽生活へ取り入れてみれば良い。