人生送ってると色々あるし、モヤモヤして眠れない夜もある。

そんな時はお気に入りのロックを聞きながらコーラ飲んでポテチを食べる。

そしていつの間にかに立ち上がり、ポテチをピック代わりにエアギター。


これがお決まりのリフレッシュシーンである。


やがてギターソロパートが訪れ、
派手なエア・チョーキングを決めた後に、ふと思うんだ。


オラ、ギター王になるっ!」とね。



勿論、表立っては言わないがここまでは全員経験済のハズだ。


そう、オラに必要なものは、モヤモヤ悩んでる時間ではない。


一刻も早く本物のギターを握ってリアルサウンドを奏でることだべ!と、鼻息荒く決意する。


だが、しかしだ。

そこで実際に行動出来る人は稀である。


特に、「いつ、どこで買う?、本当に弾けんのか?」等、心理的なハードルを
ボコボコ設置して、先ほどまでの熱い気持ちを自ら潰してしまうのだ。


そもそも人間は何か新しいことを始める際、不安が先行してしまう臆病な生き物。

より良い未来よりも、現状維持に徹したい。


所謂、心のブレーキってヤツだ。


そう考える様に人間の脳みそはできている。


確かに、ギターを”楽器”と考えると余計にそうなのかもしれない。

・楽器は習うモノで難しいハズ。
・音符とかテンポとか知らないし、これから勉強とか無理。


実際、ギターは音楽理論に基づいて設計・作成された楽器であるし、その考えは
間違いではない。


ただ、安心して欲しい。


ギターはちゃんとした楽器かもしれないが、
「ビョイ~ン」ってイカした音がする”単なるオモチャ”だ。


単なるオモチャを買うのにビビる必要もなく、お迎えするにあたって心構え等全く必要ない。


欲しいと思ったらその時点で買う。


それで良い。

まずは1万円前後の安いオモチャで構わない。


<オモチャを始める際のイメージ>
ホップ(買う)・ステップ(遊ぶ)・ジャンプ(練習)

ホップ段階で躓く様であれば、夜な夜なのコーラとポテチを少し我慢するのだ。

ステップ段階の頻度を高めれば自然にジャンプに向かう。


大事なのはオモチャが手に馴染み、心がもっと踊ったら練習を始めること。


ちなみに、オモチャは置きモノ(インテリア)としても大変優秀なので、放置気味になったとしても損はないだろう。


さあ、オモチャでビョイ~ンごっこしてみないか?